BLOG記事

ブログ記事

翻訳

“Give and Take”の語順に意味がある。

今日は英語表現の語順について考えてみましょうね!今日は祝日ですが、ヘルパーMがいらっしゃいます。 ヘルパーMはドイツにピアノ留学した英検準一級の才媛でもありますので、このブログで何回か登場し(ペダルなしでも弾けるピアノ楽曲(ヘンデル・サラバンド)、「ヘルパーさん」は英語でどういうのだろう?)いろいろ教えても...

お知らせ

MeLDy:生化学会(横浜パシフィコ)で発表しました。

MeLDy(知財コーポレーション)を生化学会(横浜パシフィコ)で発表しました。 知財コーポレーションがスポンサーとなった生化学会でのシンポジウム:日 時:9月19日(木)9:00-11:00  会 場:第5会場(301)細胞死による細胞膜恒常性維持の破綻オーガナイザー:中野 裕康(東邦大学)、鈴木 淳(京都...

翻訳

ドイツ語検定受かるといいことがあるその4

この土曜日に大学のサークル時代の友人のI夫妻が遊びにきてくれました。ドイツ語検定合格のお祝いに白ワインをいただきました。 日本の甲州のぶどうを使ってドイツで製造した白だそうです。最近はレストランとかにたまに行ってワイン何かおすすめのものがありますかというと日本産の白ワインとかをいただいたりします。たぶん日本...

お知らせ

MeLDy日英中医療機器用語辞典(特許情報対応)の経緯をご紹介いたします。

今年度のMeLDyを担当してくださる大学院生の研修をしました。 MeLDyは今年で3年目となります。もともとは知財コーポレーションの浜口会長から「①自社の営業に役立つもので②世の役に立つもの(この順番が非常に大切だと思いました)」が何か作れないかと相談を受けたのが始まりです。知財コーポレーションは機械分野と...

ヘルパーKの早業3分クッキング

ドイツ語検定受かるといいことがあるその3

ドイツ語検定1次と2次試験の会場まで乗せて行ってくれた介護タクシーアロハのFさんがお祝いをくれました。 ドイツ語検定受かると次から次へといいことがあるようです。Fさんから「ARMY」Tシャツ(この一連の試験をドイツ陸軍の演習のように思ったらしいです)と激辛カレーをお祝いにいただきました。このお尻は私の一人娘...

お知らせ

いいことその2と新メンバーの加入

ドイツ語検定にうかるといいことがたくさんあるようです。 bFaaaP開発にアドバイスをくれて謝辞にも、また、ブログ記事(ペダルなしでも弾ける楽曲)にも記載している荒木みどりさんからも合格祝いで讃岐銘菓の「かまど」の「チョコかまど」をいただきました。 また、荒木さんが新メンバーに加入してくださることになりまし...

翻訳

ドイツ語検定に受かるといいことがあります(その1)

ドイツ語検定準1級に受かったことを幾人かの人に嬉しくて報告したらお祝いをいただきました。 関西にいたころから大変お世話になっている弁理士のN先生から日本酒「福寿」を合格祝いにいただきました。 ノーベル賞の行事で振る舞われたお酒だそうですね。教養のない私は全く知りませんでしたが、ヘルパーKは知っていました。 ...

翻訳

「チョコちょうだい」は「Give me a chocolate」ですが、どうして「Give」なんでしょう?

文化の違いで動詞の方向が逆になりますね。 日本語と英語では動詞の方向性を変える方が自然な場合が実は多いんです。「ちょうだい」は「A(チョコ欲しいひと)→B(チョコくれるひと)」にお願いしていますが、「Give me a chocolate」は「A(チョコ欲しいひと)←B(チョコくれるひと)」ですよね。つまり...