BLOG記事

ブログ記事

イラスト:塩川紗季

今日はイカ飯にしてもらいました。駅弁気分で列車の旅のような感じですね。イカ飯は大人気らしくGoogleで画像検索すると色々出てきますね。

Wikipediaによると、

(げそ)を取り外し、腹ワタを取り除いたイカの胴身に、研いだを詰め込み醤油ベースの出し汁で炊き上げたもの。爪楊枝等で米が飛び出さないように留める事がある。米はもち米とうるち米を混ぜる。胴身に詰める具材として、下足を細かく刻んだものや、人参油揚げなどを入れることもある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/烏賊飯

今日はヘルパーK流の「うす味、うま味」イカ飯です。

材料(1人前:2本)

  • 2杯 イカ
  • 0.5合 もち米

もち米の出汁

  • 大さじ1 酒
  • 大さじ1 みりん
  • 大さじ1 醤油
  • 小さじ0.5 砂糖
  • 100ml 水

イカ飯の煮汁

  • 50ml 醤油
  • 大さじ1強 砂糖、酒、みりん
  • 600 ml 水

まず、餅米を研いで、ザルにあけます。

次に、イカを水洗いし、胴を分離し、中のわたを抜きます。中にある透明な筋もとります。足の吸盤も手と水でよくもぎとります。そして、頭部を包丁で分離したのち、下足を写真の様に細かく切ります。

イカの下足ともち米の煮汁を作ります。水に調味料をいれ軽く沸騰したら、下足をいれます。その後、再度沸騰したら、もち米を投入し、10分ほど放置し、餅米がしみるまで待ちます。

イカの胴体部にできたもち米を詰めて、煮汁も入れて、楊枝で止めます。

イカ飯を煮るために、水に調味料を入れて中火で沸騰したらイカ飯を投入します。その後、アルミホイルの落とし蓋をして40分ほど煮詰めます。

出来上がったら、落とし蓋を外して、適当な大きさに輪切りにして、盛り付けて出来上がりです!

関連記事一覧