BLOG記事

ブログ記事

イラスト:塩川紗季

今日はハマグリの酒蒸しです。居酒屋さんメニューですね。忘年会のシーズンももうすぐになりました。ハロウィーンも最近はイベントの一つになりましたので、一年中なにかしらイベントが日本ではありますね。日本では「仕事でお忙しい」というのがその人が「えらい」とか「重要」とかいう意味になるみたいです。私は暇なので「bFaaaP開発」したり(bFaaaP5が完成間近です。スマホを使ったコントローラーとセンサーの小型化を実現し、レスポンスとドリフト安定性を向上するArduinoプログラミングをbFaaaPメンバーの成澤さんが完成しました)、「アプリ開発」したり(今は新登場したSwiftUIをbFaaaPメンバーの大瀧さんと一緒に勉強していて、「ヘルパーKアプリ」を開発中ですよ!)、「ピアノの練習」したり(来年の発表会の課題曲決まりました)、「ドイツ語勉強」したり(次はGoethe-ZertifikatB2と独検1級ですが道のりは遠いですね)していますが、ヘルパーさんには「無駄に忙しい(He may be busy but useless)」といわれていますよ。

材料

  • 1パック(300g) ハマグリ
  • 40 ml 料理酒
  • 160 ml 水
  • 1片 ニンニク
  • 1片 バター
  • 3cmx3cm 昆布
  • 少量 ネギ

まずは、ハマグリの砂抜きです。ボールに水を張り、塩を小さじ1入れて、ハマグリを浸します。

次に、フライパンに、水160ml、日本酒40ml、昆布をいれて10分ほど(時間があれば)おきます。

そして、火をつけてぶくぶくしたら砂抜きしたハマグリを投入し、中火にかけて、沸騰したら、擦り下ろしたニンニクをいれて、蓋をします。

沸騰して7割ほどの殻が開いたら、バターを投入し、すべての殻が開いたら火を止めます。

そして、皿に写して、刻んだネギを加えて、出来上がり。ランチならば丼ものと合わせるといいですよ。夜だと一杯いきたいところですね!

関連記事一覧