BLOG記事

ブログ記事

東京オリンピック、パラリンピックを来年に控え、最近「障がい者」のことを「チャレンジド」とするのを、見かけることが多くなりました(例えば、チャレンジド・アスリートなど)。この「チャレンジド」について、興味深いことを聞きました。

「チャレンジド」と「the challenged」

現在特許出願している、「bFaaaP」の特許明細書や日本語の翻訳文でも、「チャレンジド」という言葉を併記して解説しています。桜を眺め、生きることを想いました( 2019.04.09)


バリアフリーピアノペダル装置、「bFaaaP」の開発チームの宍戸さんが、

この「チャレンジド」について、興味深いことを教えてくれました。

とても共感したので、ご紹介します。

宍戸さんは、英語に強い車いすユーザーの弁理士です。

以下、彼のブログからの引用です。

「チャレンジド」と「the challenged」

日本語で「チャレンジド」というと、

英語も「challenged」と思うかもしれませんが、

英語では必ず「the challenged」となります。

一人のチャレンジドは「a challenged」ではないのです。

「チャレンジド」と「the challenged」

「challenged」について、英文法的に何を思い浮かべるかというと、

「受動態」かな?と思います。He is challenged.みたいなものですね。

「チャレンジド」と「the challenged」

では、能動態でこの文を書くとどうでしょうか? 

例えば、It challenges him.ですね。

この時「It」は、なんだろうと思いますよね。

「チャレンジド」と「the challenged」

私は何年か海外にいましたが、文化的な背景とかもあるのでしょうが、

この「It」には、何か人間の力の及ばないもの、

例えば「神さま(仏さま)」のような超越的な力を感じます。

「チャレンジド」と「the challenged」

なので、神さまから挑戦を受けた人、課題を与えられた人というようなニュアンスが、乗ってくる気がします。

「チャレンジド」と「the challenged」

ではこの「the + 形容詞」は、単数形で受けるのでしょうか?

これは学校で習わなかったような気がしますが、

「the + 形容詞」は多くの場合、複数形なんですね。

「チャレンジド」と「the challenged」

つまり、もう一つ重要なメッセージが、

「the challenged」には含まれていると思うんです。

「チャレンジド」と「the challenged」

「the challenged」は、

「神さまからチャレンジされたのは、君一人ではないんだよ。

他にも仲間がいるんだよ」と、言い換えられるかもしれません。


「チャレンジド」と「the challenged」と英文法 – バリアフリー補助ピアノペダルbFaaaP

関連記事一覧