BLOG記事

ブログ記事

bFaaaPのPCT特許出願は日本国特許庁を調査機関としました。その報告書が届きました。

国際調査の段階では審査官は全請求項1〜39には新規性(Novelty)と産業上の利用可能性(Industrial applicability)があると判断しました。

しかし、以下の引例D1〜D5を組み合わせて進歩性(Inventive step)を否定してます(Yというタイプのものです)。ちなみにその文献単独で新規性・進歩性を否定する引用文献はXというタイプです。本bFaaaPの特許請求項はX文献は発見されませんでした。

今後の予定は、日本国の審査請求をし、早期審査も同時に請求しようと考えています。その手続きはまたご報告いたします。その審査過程でbFaaaPの発明に進歩性があることを主張します。また、適宜補正を行うことで特許査定を早期に得られるよう進めていく予定です。

関連記事一覧