BLOG記事

ブログ記事

お正月に家族で書店に出かけました。家族がそれぞれ、2019年の最初の一冊を探していたところ、私は、岸見一郎著『老いる勇気 – これからの人生をどう生きるか』を手にしました。ページをめくっていくと、「人生はマラソンではなくダンスである」という、気になる言葉が出てきました。なぜ、マラソンではなく、ダンスなのだろう… 。

いつもの住まいてさんから、ニャンズのカレンダーをいただきました。毎年のごとく、娘の机に置くことになってしまいました(2018.01.04)


ひとつの住まいづくりの仕事は、設計から施工へと進行していきます。

いくつも重なりながら進行していく仕事が、マラソンの様に思えるのです。

エネルゲイアは、喩えるならダンスの様な動きです。

ダンスは、踊っている一瞬一瞬が楽しいのであって、

踊り切らなければ楽しめないというわけでも、

どこかに到達するために踊っているわけでもありません。

岸見一郎『老いる勇気 – これからの人生をどう生きるか』PHP研究所 2018

マラソンは走っている最中、辛く苦しい時もあっても、それを乗り換え、

ひたすらゴールを目指すこと、完走することに意義があるということ。

私は80才まで、住まいづくりの仕事を続けたいと思っています。

なので私は、マラソンの様にだけ、生きてきたと思っていました。

完走することによって収穫を得る、そんなマラソンに対して、

ダンスは、最後まで踊り切らないと楽しめないのではなく、

今踊っている、この一瞬一瞬を楽しむことを連続させること。

人生も、生きている「今、ここ」が、それ自体で完成されたエネルゲイアです。

私は、日々の私は住まいづくりの仕事を、マラソンとしてだけでなく、

ダンスとしても、楽しんでいることに気づきました。

毎年、ニャンズのカレンダーを送ってくれる住まいてさんも、

道半ばの私を、楽しませてくれるのです。

住まいづくりの仕事は、建物が完成した時の楽しさがあり、

一棟の建物の完成は、いわばマラソンの休憩地点の様です。

一棟一棟の建物は完成していっても、

私の仕事、バリアフリーの先にある、ほんとうの住まいの探求は、

おそらく、道半ばで終わってしまうのかもしれませんが、

それでもいいのだということも、この本から学びました。

たとえどこかに到達したなかったとしても、

そのプロセスの一瞬一瞬が完全であり、

完成されたものであると考えることもできます。

「なしつつある」ことがすべて、

そのまま「なした」ことになる動き、

これがアリストテレスのいう「エネルゲイア」です。

岸見一郎『老いる勇気 – これからの人生をどう生きるか』PHP研究所 2018

関連記事一覧