BLOG記事

ブログ記事

イラスト:塩川紗季

今日のヘルパーKは「エビとソラマメの包み揚げ」です。「ソラマメ(天豆)」は英語だと「broad bean, Vicia faba, horse bean」といい、Googleで図を検索するとこんな感じですね。

でもあまり、日本語の「空(ソラ)」の部分とは関係のない英語なので外来語ではない様ですが、どうして「空」がついたのでしょうかね?

Wikipediaによると、「和名の由来は、豆果(さや)が空に向かってつくため「空豆」、またはを飼う初夏に食べ、さやの形が蚕に似ていることから「蚕豆」という字があてられた。」そうです。

材料(2人前)

  • 10個 ソラマメ
  • 10片 海老
  • 半束 ほうれん草
  • 5枚 春巻きの皮
  • 50mL 日本酒
  • 少々 塩

まず、ソラマメを鞘から取り出します。

次に、ほうれん草を水洗して、写真の様に切り皿に移します。

その後、エビの背腸を楊枝で取り除き、皿に移して、日本酒に10分浸します。

エビの水分をペーパータオルで取り除きます。

そして、春巻きの皮を4等分に切り、「ソラマメとエビ」「ほうれん草とエビ」のコンビネーションで写真の様に春巻きの皮に包みます。包むときに、指で水分を塗って包むのが「ヘルパーKのポイント」です。

低温の油でゆっくりと軽い焦げ目がつくまで揚げます。揚がったら、ペーパータオルの上で余分な油を取り、その後、食べる際の皿に移します。

では、いただきまーす。今日は、「ホタテのカルパッチョ」と合わせ技ですよ。

関連記事一覧