BLOG記事

ブログ記事

イラスト:塩川紗季

今日は大阪名物土手焼きの「とり皮」バージョンです。「牛すじ」が本筋という話もありますが、油の載り具合や口に入れた時の柔らかい食感は「とり皮」が実は良いのではないかと思います。さらにとろみをつけるためヘルパーKは「水溶き片栗粉」で細工してくれました。また白味噌でさらに柔らかい味を演出してくれました。

材料(2人前)

  • 400g〜500g 鶏皮
  • 大きいもの一枚 こんにゃく
  • 適量 ネギ
  • 600ml 水
  • 大さじ6 白味噌
  • 各大さじ4 砂糖、酒、みりん
  • 大さじ2 醤油
  • 水溶き片栗粉(片栗粉小さじ1、水小さじ1)

まずは、鶏皮の下準備です。お湯で茹でて、水切りして、また茹でるという操作を3回します(結構下準備に時間がかかるので、省略しても大丈夫かも)

第一回目です。

第2回目です。

第3回目です。

その後、手で内部まで綺麗に洗い、一口大に切り分けます。

次はこんにゃくを手でちぎります。そして、お湯ではやり茹でます。

では、圧力鍋に、茹でたとり皮とこんにゃくと調味料、最後に白味噌を入れて、強火で15〜20分です。

その間にネギを刻みます。

火を止めて圧力が下がったら、蓋を外して、汁気を飛ばすように煮詰め、そして、水溶き片栗粉をいれてとろみをつけます。そしてお皿に盛り付けます。

ネギをお好みの量かけて出来上がりです。七味唐辛子を添えるといいですよ。

関連記事一覧